RC287「 新時代の電子デバイスと電子機器における信頼性設計評価と熱設計に関する研究分科会 」

第6回熱WG 開催案内

     RC287 熱WG 主査  畠山 友行 

日時:9月30日(金)10:30〜12:00
Cisco Web ex によるネット配信.

プログラム

1. 定常・非定常の熱回路網法の基礎と応用(続編) (10:30〜12:00)
 畠山友行、木伏理沙子 (富山県立大学)

定常・非定常の熱回路網法のコンセプト、手計算の方法、表計算ソフトを利用した解き方、 熱回路網法を用いた熱設計の研究例の紹介を行う。 前回は伝熱の基礎、熱抵抗の基礎、熱回路の手計算の方法を、一つ一つ時間をかけながら説明を行った。 今回は、前回の簡単な復習と、前回の講演で扱いきれなかった表計算ソフトを利用した定常、 非定常の熱回路計算、熱回路網法を用いた熱設計の研究例の紹介を行う。



【参加申込】 
見学をご希望の方は, 
・ご所属 
・ご芳名 
・連絡先(メールアドレス) 

をRC287 熱WG幹事・畠山(hatake(at)pu-toyama.ac.jp (at)を@に変えてください)までご連絡ください. 
まだ研究会の参加申し込みをされていない企業様,参加を検討中の企業様も見学して頂けます.